ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

01月 29日

團伊玖磨作曲の歌劇『夕鶴』初演(1952)

 「鶴の恩返し」や「鶴女房」として知られる民話を素材とした木下順二の戯曲「夕鶴」。この戯曲は、女優・山本安英(やすえ)が主役の「つう」を演じ、37年間に1037回も上演されたことでも知られており、日本人の心の原風景とも言える作品のひとつです。

 作曲家・團伊玖磨(1924〜2001)は、劇団民芸が「夕鶴」を放送劇として1949年春に上演した際、オーケストラによる付帯音楽を作曲。同年秋の「ぶどうの会」の関西公演でも室内楽編成による付帯音楽を担当するなど、「夕鶴」の描く世界を音楽化することに情熱を注いできました。そして團は、この戯曲の歌劇化を決意。木下順二の戯曲を一言一句変更してはならぬという厳しい条件のもと、作曲に取り組みます。

 完成した歌劇『夕鶴』は、非常な好評をもって迎えられ、毎日音楽賞をはじめ、山田耕筰音楽賞、伊庭孝歌劇賞を受賞。わが国の代表的な歌劇として定着するとともに、團伊玖磨の名を一躍有名にしました。また、1957年にはチューリヒ音楽祭で公演され、海外で上演された最初の日本人作曲家の歌劇作品となりました。




  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる