ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

01月 19日

女性アーティスト不動のトップ、松任谷(荒井)由実誕生(1954)

天才音楽少女からJ-POPの頂点へ

 老舗の呉服屋の次女として生まれたユーミンこと荒井由実は、6歳でピアノを習い始め、また、聖歌隊にも所属し、バッハヘンデルに親しんでいました。中学生になると授業よりも課外活動に熱中。学校が終わると六本木のディスコに通い、朝まで踊り続けていたそうです。そうやって遊び歩くうちに、細野晴臣かまやつひろしなど大勢のミュージシャンと出会い、彼らの影響から自らも曲を作るようになります。そんな彼女が音楽業界に彗星のごとく現れたのは1969年のこと。タイガースのメンバーだった加橋かつみが、ロック・ミュージカル『ヘアー』に出演中、仲間から「愛は突然に」という曲を届けられます。彼はすぐにその曲が気に入り、シングルとしてリリース。実はこの歌こそ、15歳の少女だったユーミンが作詞作曲したものだったのです。以来、ユーミンはミュージシャンの間で天才少女作曲家として知られていきます。

 1972年、多摩美大に入学すると同時に本格的に音楽活動を開始。同年7月にかまやつひろしと高橋幸宏も参加したデビュー・シングル「返事はいらない」をリリースしますが、これは当時ヒットせず、今では幻のシングルと言われているとか。一般に彼女の名前が知られるようになるのは、1973年11月リリースのシングル「きっと言える/ひこうき雲」。当時はフォーク全盛時代で、そんな時代にプロコル・ハルムやミッシェル・ポルナレフの影響を受けたというヨーロピアン感覚のユーミンの歌は、かなり衝撃的でした。自ら“有閑階級サウンド”と称し、「私の音楽は四畳半フォークではないからジーンズははかない」と宣言。おそらく、当時の音楽と自分の音楽は、全く違うものだという意識、プライドがあったのでしょう。

 1975年10月にリリースした5枚目のシングル「あの日に帰りたい/少しだけ片思い」は、テレビ・ドラマの主題歌ということもあってか大ヒットを記録します。以後、ユーミンの人気は不動のものとなっていき、1976年にはレコード、テープの売り上げがなんと31億7千万円に(!)。仕事が軌道に乗っていく一方、ユーミンは私生活面も充実させていきます。デビュー・アルバム『ひこうき雲』からキーボード奏者として参加していた松任谷正隆と3年越しの愛を実らせ、1976年11月に結婚。これ以降、荒井由実は、松任谷由実として活動します。そしてユーミンは、夫でありプロデューサーでもある松任谷正隆の音楽的戦略をもとに、女性アーティストとしてトップの地位を築きはじめるのです。

東芝EMIのユーミンオフィシャルHP

ベストアルバム『Neue Musik』TOCT-24001〜24002:東芝EMI、ユーミンのページで試聴できます。

ひこうき雲 作曲 荒井 由実 1995 YAMAHA CORPORATION


  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる