ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

12月 13日

ガーシュインの「パリのアメリカ人」がニューヨークのカーネギー・ホールにて初演(1928)

 「スワニー」や「ラプソディ・イン・ブルー」で知られるアメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュイン(1898〜1937)。彼が当時のニューヨークフィルの指揮者、ダムロッシュの依頼で作った管弦楽曲「パリのアメリカ人」は、自身のパリ旅行の印象から作られた曲といわれ、しゃれたフランス風の旋律に、ブルースチャールストンなどアメリカ音楽の要素も取り入れ、パリのタクシーのラッパの音も真似るなど、サービス精神満点。今でもポップスコンサートでよく演奏される人気曲ですが、この譜面のタイトル・ページには、自分が作曲および“管弦楽化”をしたと明記してありました。ガーシュインがわざわざそう記した理由は、彼はメロディだけを作り、オーケストレーションは他人に頼っているという批判に対する不満と(実際「ラプソディ・イン・ブルー」の管弦楽化はグローフェが行った)、オーケストラの世界に受け入れてほしいという願望があったのかもしれません。


パリのアメリカ人 作曲:George Gershwin 1998 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる