ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

11月 17日

ブラジルを代表する作曲家、エイトール・ヴィラ=ロボス没(1887〜1959)

 まだ10歳にもならない頃、ヴィラ=ロボスは叔母の一人が弾く『平均律クラヴィーア曲集』に深く魅了され、それ以来J・S・バッハを敬愛し続けました。その想いを、1930年からシリーズで書かれた全9曲の『ブラジル風バッハ』として実現していきます。この連作にヴィラ=ロボスが用いた素材は、ほとんどが彼の心に湧いたオリジナルの楽想でしたが、それは同時に彼が長い間慣れ親しんできたブラジルの民俗音楽と深い関連を持っていました。一方、バッハの音楽との類似は、複数の旋律を同時に進行させて曲に立体感をあたえている点、ダイナミックな和声のからみ合いが複雑な魅力をもたらしている点などがあげられます。


  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる