ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 16日

60年代のスーパー・ロック・トリオ、クリーム結成(1966)

即興演奏も取り入れた白熱のステージ、ハード・ロックの元祖

 1960年代後半、有名なバンドのスターたちが集まって新しいバンドを作るスーパー・グループが、いくつも生まれました。中でも66年に結成されたクリームは、その先駆であり、代表格のバンドです。“ヤードバーズ”を脱退し、一時はジョン・メイオールの“ブルース・ブレイカーズ”に在籍して、当時すでにギターの神様と呼ばれていたエリック・クラプトン。元“マンフレッド・マン”のベース/ボーカルのジャック・ブルース。“グレアム・ボンド・オーガニゼーション”から移籍したドラマーのジンジャー・ベイカー、というそうそうたる顔ぶれ。デビュー前から音楽ファンに大いに注目されていた彼らは、66年のファースト・アルバムこそふるわなかったものの、名曲「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」を含むセカンド『カラフル・クリーム』が大ヒット、さらに「ホワイト・ルーム」や「クロスロード」を収録した『クリームの素晴らしき世界』で、トップ・バンドの地位を築きました。

 現在のクラプトンからは想像もつかない、狂気すらただよわせる切れ味と流麗さを兼ね備えたギター、ブルースのディストーション・ベースとビブラートの効いたボーカル、そしてベイカーの地を揺るがすアグレッシブなツーバス・ドラム。3人編成ながら、圧倒的な音量と演奏力、そして1曲が10数分に及ぶこともしばしばの即興演奏も取り入れたステージで、後のハード・ロックプログレッシブ・ロックにも大いに影響を与えたクリームですが、それぞれにアクの強いスターが集まったスーパー・グループの常として、その寿命もあまり長くはありませんでした。特にブルースとベイカーの不仲は致命的で、ステージでソロを弾いていたクラプトンが、いきなりバックが聴こえなくなったので振り返ってみると、ブルースがベイカーにベースを投げつけて取っ組み合いの喧嘩を始めていたという話もあるくらいで、69年には空中分解してしまったのでした。


クロスロード 作曲:Robert Johnson 2000 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる