ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 29日

アイルランドのシンガー、ギルバート・オサリヴァンの「アローン・アゲイン」が全米1位に(1972)

70年代を代表、そして今も愛され続けている名曲

 1972年に全米で6週にわたってナンバーワンを記録した「アローン・アゲイン」は、ギルバート・オサリヴァンの代表曲というだけでなく、70年代のポップス界を代表する名曲です。優しい歌声、さわやかでいてどこか哀愁を帯びたメロディが日本人好みなのか、特に日本での人気は高く、たびたびCMで使われていますし、珍しいところでは人気アニメ「めぞん一刻」の主題歌とになったこともあります。

 ギルバート・オサリヴァンは1946年にアイルランドで生まれ、ビートルズに刺激を受けて作曲を始めます。当時から彼が影響を受けた作曲家は、ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング、バリー・マンら、ポップス黎明期の職業作曲家たちだったといいます。シンプルで懐かしい、暖かみのあるメロディは、そうしたところから学んだものでしょう。デモ・テープをレコード会社に送りましたが、封も切らずに送り返されてきたことに腹を立て、66年に単身ロンドンに乗り込んだオサリバンは、67年にデビューにこぎつけます。しかし牧歌的な歌とメロディが、サイケデリックハード・ロックなどが先鋭的だった時代に合わず、ほとんど売れませんでした。

 その後70年代に入って、アメリカでシンガー/ソングライター・ブームが起こると次第に注目が集まり始め、「さよならが言えない」などのヒットが出るようになり、72年の「アローン・アゲイン」が大ヒット。続く「クレア」も好評で、一躍彼は時代を代表するメロディ・メイカーとなったのです。当時、ポール・マッカートニーは「僕の後に続くアーティストはエルトン・ジョンとギルバート・オサリヴァンだ」と言い、そのエルトン・ジョンが「ライバルはギルバート・オサリヴァン」と発言、時代が下ってビリー・ジョエルは「僕はギルバート・オサリヴァンの次をねらっていた」という言葉からも、その才能がいかに評価されていたかわかります。



アローン・アゲイン 作曲:Gilbert O'sullivan 2002 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる