ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

09月 30日

アメリカの映画俳優、ジェームス・ディーン没(1931〜1955)

永遠なる“反抗する10代”を演出した映画音楽

 人気の絶頂で若死にし、カリスマ的存在となった映画スターといえば、日本では赤木圭一郎、そして世界ではジェームス・ディーンが真っ先に思い起こされるでしょう。

 演出家エリア・カザン率いる「アクターズ・ステュディオ」で演技を学んだジェームス・ディーンは、舞台の経験を積んだ後、カザン監督の映画『エデンの東』(1955)に出演、一挙にスターダムにのし上がり、『理由なき反抗』(1955)、『ジャイアンツ』(1956)と立て続けにヒットを記録しますが、それも束の間、1955年の今日、スポーツ・カーで衝突事故を起こして死亡。映画の主人公を地で行ったような劇的な“生と死”は、ファンの心に強烈な印象を残し、既成の価値観に反逆する役柄も共感を得て、今でも永遠のアイドルとして高い人気を誇っています。

 ディーンの主要3作品は、音楽の点でも大ヒットを記録しました。特に、『エデンの東』のテーマはヴィクター・ヤングの編曲で大当たりを取りましたが、作曲を担当したのはレナード・ローゼンマンという作曲家です。この人はシェーンベルクに学んだバリバリの現代音楽作曲家で、12音技法を主とした無調音楽を書いていました。そのような人が『エデンの東』の音楽を担当するようになった裏には、ディーンの尽力がありました。ディーンはローゼンマンにピアノを習っていましたが、『エデンの東』出演が決まった時、監督カザンに音楽担当者としてローゼンマンを推薦したのです。最初、無調音楽を前面に押し出そうとしたローゼンマンはカザン監督と衝突し、やむなく妥協して、例の世にも美しいテーマ曲を書いてしまうのですが、次作『理由なき反抗』では、念願かなって前衛的なスコアにすることが出来ました。ささくれだって、常に孤独と寂寥感に苛まれるこの映画のディーンの印象は、ローゼンマンの音楽の効果が大なのです。

 最後の『ジャイアンツ』の作曲家はディミトリー・ティオムキンで、『リオ・ブラボー』やTV『ローハイド』など多くの西部劇の音楽を担当した人だけあり、力強く骨太な音楽を書きました。テーマ曲は歌詞を付けられヒットしました。なおティオムキンはロシア移民で、若い頃はペテルブルグ音楽院でグラズノフに学びました。そんな人がアメリカ西部劇音楽の第一人者になるのですから、面白いものです。


エデンの東 作曲:Leonard Rosenman   1995 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる