ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

12月 04日

スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「ファミリー・アフェアー」がビルボード1位に(1971)

ファンク・ロックを確立した偉大なグループ

 スライ&ザ・ファミリー・スト−ンは、その絶頂期こそ約4年間と短かったものの、ロックファンクを融合し、ロック界に多大な影響を与えたグループとして知られています。71年の「ファミリー・アフェアー」は、R&Bポップの両チャートで全米1位を獲得した、彼らにとって最後のヒット曲です。

 リーダーのスライ・ストーンことシルベスター・スチュワートは1944年生まれ。シンガーであり、多種の楽器を演奏し、作曲からプロデュースまでこなすマルチな才能に恵まれた彼を中心に、67年に結成されたファミリー・スト−ンは、地元サンフランシスコで多大な人気を得ます。折しもイギリスではジミ・ヘンドリックスが活躍し、それまで白人主導だったロックの世界にも、ブラック・パワーが吹き荒れようとしていました。ファミリー・ストーン自体も人種混成バンドではありましたが、“チョッパー・ベースの元祖”と呼ばれるベーシスト、ラリー・グラハムの跳ねるようなベースが生み出す強烈なグルーブを武器に、ロックとファンクを融合させた革新的な音楽性でロック界を揺るがしたのです。68年のセカンド・アルバム『ダンス・トゥ・ザ・ミュージック』が、タイトル曲とともにヒットしたのを皮切りに、「エブリデイ・ピープル」「サンキュー」と、ポップ・チャートでも全米1位のシングルを連発。69年には傑作アルバム『スタンド!』を発表、また、ウッドストック・フェステエィバルに出演し、「アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイヤー」で会場を興奮のるつぼにたたき込むなど、まさに絶頂的な人気を迎えたのです。

 しかし、あまりに突然有名になったことのプレッシャーに耐えきれず、またグループ内のもめごとや暗殺におびえたスライは、コンサートに何時間も遅刻、ひどいときにはすっぽかしたりといった奇行を繰り返すようになり、それが元で訴訟を起こされ、金銭的にも追いつめられます。71年のアルバム『暴動』は、そんな状況で作られながら、シングル・カットされた「ファミリー・アフェアー」とともに全米チャート1位を獲得し、一時代を築いた天才の底力を見せました。それ以降は、ラリー・グラハムがグラハム・セントラル・ステーションを結成するなど、愛想をつかしたメンバーたちが次々と彼の元を去っていくとともに、スライ・ストーンの時代も終わりを迎えましたが、アース・ウィンド&ファイアープリンスら、後のブラック・ミュージシャンに、彼の精神は受け継がれているのです。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる