ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

11月 22日

イギリスの作曲家、ベンジャミン・ブリテン誕生(1913〜1976)

社会に目を向けた「現代」作曲家

 20世紀を代表する作曲家の一人、ベンジャミン・ブリテン。れっきとしたコンテンポラリー・ミュージックでありながら、親しみやすいメロディ、必要最小限の不協和音、明晰な音楽の構造など、これほど面白く聴ける作曲家も珍しいでしょう。日本ではかつて「青少年のための管弦楽入門」が中学校の音楽授業で鑑賞曲として取り上げられたこともあり、そこからブリテンの名前を知った方も多いかも知れません。

 ブリテンは早熟の天才で、13歳の時から音楽理論と作曲を、作曲家フランク・ブリッジ(1879〜1941)に学びました。恩師ブリッジはブリテンを可愛がり、週末にはブリテンを自宅に泊まらせて無料で教えました。ブリテンは16歳でロンドン王立音楽大学に入学し、続いてブリッジの勧めでウィーン留学してアルバン・ベルク(1885〜1935)に入門しようと考えますが、大学側の反対で頓挫します。もしベルクに習っていたら、難解な12音技法の曲ばかり書いていたかも知れません(※)。

 しかし、当時イギリスを襲っていた大不況は、ブリテンの目を社会に向けさせました。彼は多くの人々に受け入れられる分かり易い語り口で、革新的な音楽を書いてゆきます。詩人オーデンと共に記録映画のサウンドトラックを製作したのも、多数のラジオ音楽を書いたのもそのためです。

 1945年に完成した歌劇「ピーター・グライムズ」は傑作としてブリテンの名声を決定付け、その後多くのオペラの名作を書き続けます。1948年からはオールドバラで現代音楽祭を主宰し、1961年には第二次世界大戦の全ての犠牲者のために「戦争レクイエム」を書き上げます。このように、現代の作曲家の中では最も合唱を愛した作曲家でもあり、児童合唱のための「キャロルの祭典」や、混声無伴奏合唱のための「聖セシーリア讃歌」「五つの花の歌」、管弦楽伴奏の「春の交響曲」などの名作を残しています。

 彼は兵役を拒否したり、テノール歌手ピーター・ピアーズとの同性愛を生涯貫いたりして常に社会と摩擦を起こし、反抗の姿勢を弱めませんでした。そうした彼の体験が、常に弱者や落伍者への理解の眼差しとなり、主要作の根底に流れているのです。

※ベルクは、シェーンベルク、ウェーベルンとともに無調〜12音技法を押し進めたことで知られる作曲家。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • バッハの息子で作曲家のウィルヘルム・フリーデマン・バッハ誕生(1710〜1784)
  • アメリカのソングライター、ホーギー・カーマイケル誕生(1899〜1981)
  • イギリスの作曲家、アーサー・サリヴァン没(1842〜1900)
  • フランスの作曲家ラヴェルの管弦楽曲「ボレロ」初演(1928)
  • アメリカの作曲家、ファーディ・グローフェの組曲「グランド・キャニオン」初演(1931)
  • アメリカのシンガーソングライター、ジェシ・コリン・ヤング誕生(1941〜)
  • イギリスのロック・バンド、ジャパンが解散を発表(1982)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる