ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

02月 20日

作曲家、黛敏郎誕生(1929〜1997)

つねに新しいものに挑戦し続けた前衛作曲家

 1964年から長らくテレビ番組「題名のない音楽会」の司会者としておなじみだった黛敏郎。前衛的な現代音楽家であり、また憲法改正論者としても知られていますが、彼の代表作と聞かれても、すぐに答えられる人は案外少ないかもしれません。しかし有名な日本テレビの「スポーツ行進曲」(プロレス番組などで使われていた、あの曲です)は彼の作曲によるものですし、また東京オリンピック開会式のテーマ曲を手がけたり、実に幅広く、日本人の心に残る活動をしてきた作曲家なのです。

 1929年に生まれた黛は、7歳で既に作曲を手がけるなど、音楽の才能を発揮。終戦直後、東京藝術大学に進学しますが、旧態然としたことが嫌いで、常に新しいものに挑戦せずにはおられない性格だったようです。当時はまだ珍しかったルンバの曲を書いたり、ピアノの試験では、クラシックが常識なのにアメリカのジャズ曲を弾いてみたり、才能も並外れていましたが、行動も型破りな学生でした。

 さらに黛らしいエピソードが、51年に卒業後、パリに留学したときの話。たったの1年足らずで帰国して言った台詞が、「パリには学校で教わる和声学の類(たぐい)に通暁している人がゴマンといる。その伝統のない我々が今さらそんなものに骨折っても仕方がない」。そして当時、世界的にも一番新しい実験音楽であったミュージック・コンクレート(※1)に取り組み、『X・Y・Z』を発表。さらに最先端中の最先端であった、電子音楽にも取り組んでいくのです。50年代前半という時代に、「今後電子機材は飛躍的に発達し、シンセサイザーという楽器が出てくる。百人の人間を抱えるオーケストラの経営は危なくなるだろう」と予言していたそうですから、その先見の明には驚かされます。

 「伝統の浅いのを逆手にとって前衛音楽をやる。それは弱点であるよりむしろ我々の特権だ」をポリシーに、電子音楽やミュージック・コンクレート以外にも、プリペアド・ピアノ(※2)や、ガムランなどのワールド・ミュージックをいち早く導入。日本の作曲界にあってビートルズを真っ先に評価したのも彼でした。また、西洋の伝統を真似することを潔しとしなかった黛は、次第に日本の伝統に目を向けるようになります。58年の「涅槃交響曲」は、仏教の声明(しょうみょう)を素材にした大交響作品で、彼の最高傑作と呼ばれています。「民族の伝統なくして芸術は成り立たない」……後に右傾化した発言が目立つようになるのも、そうした哲学からきたものでしょう。1500回を数えた「題名のない音楽会」では、「なにわ節からベートーヴェン、ジョン・ケージに至る前衛まで」をモットーに、ソフトな語り口で、日本人にあらゆる音楽を親しみやすく啓蒙してきた黛敏郎ですが、97年4月10日、肝不全で惜しくも亡くなりました。

※1:ミュージック・コンクレートとは、非楽音(鉄道の音、人の話し声、動物の鳴き声、自然界の音など)を録音し、機械的、電気的な処理を加えて変質、重複して構成された音楽。具体音楽と訳される。
※2:プリペアード・ピアノとは、ピアノの弦の部分に木片などの異物をはさんで音を変化させたピアノのこと。




  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる