ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

05月 27日

ロック・シンガー、椎名林檎がシングル「幸福論」でデビュー(1998)

“新宿系自作自演屋”を名乗ってデビュー

 今や日本を代表するロック・シンガーの椎名林檎。“林檎”の名前の由来は、子供のころはかなりの恥ずかしがり屋で、学校で先生に指されるとすぐほっぺたが真っ赤になってしまっていたからだとか。でも決して引っ込み思案だったわけではなく、歌うことは大好きだった彼女は、中学生のころには音楽で食べていく決意をしていたそうです。

 95年の夏、高校2年のときに出場したヤマハ主催のティーンズ・ミュージック・フェスティバルでは、圧倒的な歌唱力でバンドを引っ張り、見事に全国大会の奨励賞を獲得。その翌年にはヤマハのミュージック・クエスト決勝大会にソロで出場して優秀賞を受賞するなど、ボーカリストとしての才能を高く評価されていました。そして98年の今日、シングル「幸福論」でデビューを飾るわけですが、当然ながらデビュー当時はまだ知名度のない、一新人女性歌手。自分の歌を多くの人に聴いてもらうには、メディアに取り上げてもらわなければ……と自ら“新宿系自作自演屋 椎名林檎”という名刺を作って音楽関係者に配って歩き、周囲を驚かせたそうです。その甲斐あってか、続く「歌舞伎町の女王」で“新宿系”の呼び名を浸透させ、「ここでキスして。」で大ブレイク。その後の活躍は、改めて書くまでもないでしょう。

★椎名林檎オフィシャルホームページ=http://www.toshiba-emi.co.jp/ringo/



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる