「DESIGN トップ」へ

VL1VL1のデザインについての詳細

「VL1(ブイエルワン)」は、世界初の「バーチャルアコースティック音源(VA音源)」を搭載した、プロフェッショナル仕様のシンセサイザー。ヤマハが開発したVA音源を初めて採用したモデルで、1993年に登場した。その1年後には、後継機である「VP1(ブイピーワン)」を発売している。

VA音源とは、自然楽器の発音構造を解析する「物理モデル」をベースにし、仮想の楽器を無限に創り出せる音源だ。VL1は、当時PCM方式が約9割を占めていた音源の世界で、新たな表現の可能性を期待されていたモデルでもあった。

VL1のデザインは弦楽器をモチーフにし、木材を用いることで高級感と自然楽器のような存在感を醸し出している。

【写真】VL1