「DESIGN トップ」へ

DX7DX7のデザインについての詳細

1983年に発売されるやいなや、プロフェッショナル・アマチュアを問わず音楽シーンに一大シンセサイザーブームを巻き起こしたデジタルシンセサイザー、「DX7(ディーエックスセブン)」。当時としては珍しいFM音源を搭載、32種類の音色を記憶でき、RAMカートリッジによる拡張もできる。FM変調によるDX7ならではのメタリックサウンドは、ライブやレコーディングスタジオでは定番となった。

DX7の価格は、イニシャルタッチ機能や、音量、音色などをマトリクス制御する性能を持つモデルとしては破格の、24万8000円。低価格化の実現に加え、電子的なキーボードをクールに弾きこなすスタイルが注目を浴びた当時の風潮にもマッチし、DX7人気に火が点いた。

【写真】DX7